読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルマスタープラチナスターズについて思うこと その③

度々すいません、そうPと申す者です。
ここの所、アイドルマスタープラチナスターズ(以下、PS)の悪口ばっかり書いてる底辺Pです。今朝、ニコ動チラ見してたら「アイマス関連動画トップ100」にPS関連の動画が一件も無い事に気が付きました。素晴らしいヴィジュアルを誇るPSなのにどうしてこうなった…。さて、今回も僕の思う所を書き連ねてみたいと思います。よろしくお願いします。

【苦行かな】

PSをやってるプロデューサーさんはもう気がついていると思いますが、このゲームは上を目指そうとすると本当に果てしない作業量を要求されます。エクストリームライブを成功させ、一応のゴールを迎えた後のランクB以降は本当に大変で、いくらライブをやってもレベルは上がらないし、次のランクまで必要とされるファン数がいきなり数百万人になるしで、俺、ゲームの進め方間違ってない?もっと正しい方法が有るんじゃないか!?と不安になってしまうレベルなのです。例えるなら、小さなスプーンで大きな土嚢に砂を詰めるが如くで、恐ろしくゴールが遠いのです。

何故この様な設定にしてしまったのか?思うにEXライブ以降はいわゆる「やりこみ要素」なのでプレイヤーにPSを出来るだけ長くプレイし続けて貰うためと言うのが大きな理由でしょう。設定されたゴールが遠ければ遠いほど、到達するまで時間がかかるのでユーザーがガチャ課金してくれる機会が増えるだろう、とバンナムは読んだんだと思います。アイマスのプロデューサーには「担当アイドルが絡む事では世間の常識から逸脱するのも厭わない」という事例が沢山あります。(ウエハースやCD、ゲームの大量購入とか、海外出張やソシャゲの高額課金なんかもそうですね。)だからこの遠過ぎるゴールラインでも、アイマスPならばライブシーンでアイドル達を可愛く描いてあげれば、みんな喜んでたどり着くだろう…と考えたんじゃ無いでしょうか。

…だがしかし!PSのメインユーザーと思われる層は(前のブログにも書いた通り)一家言ある面倒くさ…もとい、見識も経験値も高い人達なんです。その玄人達に昔のファミコンゲームでよく見た「256メガ+256メガ!」「全部で300面!」的なゲーム寿命を引き伸ばす手段を使ってしまったわけです。(嗚呼…。

で、さらに残念なのはSランクに至るまでの遠い道のりが苦行にしか感じられない点です。LV上げのため何百回もライブを行わないといけないし、資金営業でファンも増やさないとダメ。そうするとマニーが枯渇するのでまたライブ…という「作業」が延々と続きます。また、PSは今までのアイマスと違い「曲」は何回も歌うとレベルが上がりアピール値が上昇する仕様になってます。なので毎回ライブで歌う曲が同じものになります(キラメキラリ一択)。故に新曲を手に入れても使いどころがS4U!しか無いのです。ゲーム内のファンに「ほら、僕の担当アイドルの新曲だぞ、みんな喜べえぇぇぇ!」と新曲を披露する楽しみが無いなんて…。これ作った人はホントにアイドルが好きなんだろうか?と疑ってしまいます。

もう一つ、ライブのつまらない原因はやはり衣裳の問題。ライブのイメージ、タイプと同じ衣装で出演しないといけないので対応する衣裳が未入手だとそのライブをクリアできないし、それを補うはずのアクセサリーの効果が貧弱かつバラエティに乏しく戦略性が無いので頭はプリンセスティアラ被りっぱなしという状態になるわけです。(ちなみに春香はティアラ被るとリボンが消えちゃうので悲しい…)。DLC販売される衣裳が攻略の手がかりになる性能を有していれば良いんですけど、DLC第二弾のトレンチカモフラージュと同時発売のアクセサリーで固めると特殊効果が発動!…的なのも有りません。(未確認ですが)

ゲーム中盤で打てる手が「クリアできるライブを延々とやる」しか無くなり、その際衣裳もアクセも組み合わせを考える必要は無く、曲も毎回同じキラメキラリでOK。これで飽きるなと言う方が無理んちょす!
何かテコ入れ策を講じなければ「Bランククリアでもう良いや」って人が続出するんじゃ無いでしょうか?いや、するでしょう間違いなく。運営はPドロップ配る以外の事を真面目に考えたほうが良いと思います。

今回も駄文にお付き合い下さり有難うございました。