読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイマスVRライブの可能性

 どうも、底辺春香PのそうPと申します。前回のエントリからだいぶ時間が経ってしまいました。リアルが忙しすぎるのも考えものですね、ほんと。

f:id:SOU_P:20170217211129j:image

 プロデューサーミーティングの翌朝、ホテルの部屋から東京体育館を望む

 

【3次元と2次元】

 自分の「アイドルが好き」と言うパラメーターは、思春期に「おニャン子クラブ」の洗礼を受けたことから始まりまして。大学浪人で予備校に通うため上京してからはエコーはがきで手紙出しまくったり、放送局でアイドルの出待ち入り待ちしたり、今から思えばかなりアレな事してました。(←クズ)

で、今で言う「推しメン」がとんでもなく売れなくて、(と言ってもシングルCDは出せば3000枚は売ってたのよ?)事務所の都合で引退させられて故郷に帰って行ったり、傷心を癒やすため推し変したアイドルさんの見てはいけない様な現場を見たりと、なんやかんや有りまして。大きな挫折を味わってからは、3次元のアイドル現場からは暫く離れていました。もともと2次元が大好きでもあり、「惨事はもういいわ!」とそちらに退避したわけです。ちなみに「ゲームはナムコ」世代の僕はワンダーモモワルキューレフェリオスもリアルタイムでやってましたし、大好きでしたw

 なので、春香のあのエンディングを見て春香Pになってからも、暫くはガールズもライブも全然興味有りませんでした。だって僕が好きなのは天海春香であって、中村繪里子では無かったから。

でもある日の夜、いつもの様にSP春香さんをプロデュースしてから寝ようとして、その前にちょっとニコ動を見ようと開いたときに衝撃的な動画を見つけてしまったのです。

www.nicovideo.jp

 その頃ニコ動に上がってくる春香さん動画は「黒春香」動画ばっかり。でも僕はそれがなんか行き過ぎてる感じがして大嫌いだったので意識的に避けていたんですが… でもこの春香さんの目!ついついクリックしてしまったのです。(きゅぴーん)

で、流れてきたのは…声優と言うにはあまりにもフリーダムな繪里子さんのトークとそれを包んでくれる(いや殴り返してくる?)、ガールズ達の楽しげなラジオ番組だったのです。それからと言うもの、今まで全然興味が無かったアイマス系ラジオ動画を夜な夜な聴きまくる生活となったのは言うまでも有りません。中でも「春香Pだから」と言う訳では無く、中村繪里子さんの頭の回転の早さと博識(ぶった感じも含めてw)な人となりに凄く興味を持ってしまい、長らく封印してきた3次元の芸能人のファンになってしまったのです。 

f:id:SOU_P:20170217211004j:image
繪里子さんのライブ、なかむランドより可愛い繪里子さんの図


f:id:SOU_P:20170217211023j:image

繪里子さんはまだまだステージ衣裳がお似合いのようです

 

【中の人、外の人】

今回のプロミで出てきた、VR春香さん。これから先、他のアイドルも出てくるかも知れませんよ?と繪里子さんがアナウンスしておりましたが、間違いなく出てくるでしょうね。アイドルが題材のコンテンツとしては異例とも言える10年を超えて続くアイマスですが、やはり中の人達の事を考えるといつまでも2.5次元ライブをやらせる訳にはいかないでしょう。40才を超えて2次元のアイドルと同じ可愛らしいステージ衣裳を着て、エネルギッシュなライブをやる…。体力的にも精神的にもかなりキツイと思います。

本来ならもっと早い時点で幕引きをするべきだったのかも知れませんが、幸いなことにアイマスは10周年を超えてここまで来てしまいました。しかしながら765ASにはいまだ熱いファンも沢山付いてるしこのまま終わらすのは惜しい…だったら新たなアイドルライブの形を模索してみよう、765ASはその役に適任ではないか?とバンナムは判断したんじゃないかなぁ、と思います。

2010年の7月18日にNHKで放送された「MAG・ネット」のアイマス特集で、アイドルマスターrelationsの作者の上田夢人さん、電撃のイマイチPさん、オタク系モデルだった荒木ビビさんの対談が有ったんですね。その中で荒木さんが「ゲームキャラのアイドル達だけのライブが見てみたい」と発言したのですが、他のお二人がこの話題をさらっと流して終わらせててね。

で、理由を考えるに当時としてはゲームキャラでのライブと言うのはまだまだ荒唐無稽な話であり、アイマスのライブは中の人が作り出す2.5次元ライブであり、中の人の存在が有ってこその765ASというのが大正義だったんだろうな、と。(番組もエンディング近く尺の関係も有ったんでしょうけど)

f:id:SOU_P:20170217213716j:image
お三方の対談の図。キャラと中の人の融合がアイマスの特殊性とのお話

 

f:id:SOU_P:20170217214519j:image
同番組より、ざわわんの歌入れ中のショートカット繪里子さん♡

 

しかしあれから7年が経ち、あのあさぽんが30歳という現実を直視した場合、765ASの「延命」のためにはVRライブという手段がいよいよ必要になってきました。今回のVR春香さんはそのための布石と言うか、予告の為の存在だったんでしょう。ハイテク二人羽織で開催される、2次元アイドル達のステージ。ガールズが見られないのは残念ですがこれはこれで見てみたい。

未だかつて誰も到達したことの無い10周年という未踏の世界に踏み込み、道を切り開いて行く765AS。賛否両論有るかと思いますが、応援せざるを得ないのかなぁとぼんやり考えている次第であります。

 

今回も駄文にお付き合い頂きましてありがとうございました。

Pミーティングで、ステキハピネスが聞けなかったどころではなかった件

こんにちは、そうPと申す底辺Pです。今回もお付き合いよろしくお願い致します。

 先ずは「THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017 765PRO ALLSTARS -Fun to the new vision!!-」に参加された同僚のプロデューサーの方々、大変ご充実様でした。そして、やはりと言うか何というか、今回もステキハピネスが入り込む余地は有りませんでしたね。

というより、そもそもソロ曲を歌う時間が無いという前例の無い「ミーティング」だったので、もうこれは致し方ないなーと。次のライブまでガマンガマン……

などと呑気に言ってられない事態が765ASの周辺で起きている様ですね。これはいつになったらライブでステキハピネス聞けるんだ!とか言ってる場合では無さそうです。

 

【765ASバーチャルライブの可能性】

 プロデュサーミーティング1日目、僕の席は「アリーナD1ブロック」。碁盤の目の様に並ぶアリーナ席ではなく、開場の後方隅っこに作られた縦10列横5列くらいの離れ小島の様な席でした。横を見ると機材席よりも後ろ…。

普通なら「ゲーム先行シリアルでこの席はなんだあ!」とブチ切れる所ですが、なんせ離れ小島なので前後左右の圧迫感が少なくてなかなか快適。正面のステージも広い通路越しに見えるので、真正面のアリーナ後方よりかなり視認性は良かったです。

高木社長のいつものすっとぼけた前説が終わり、さていよいよライブ開始!と思った所で暗転したステージに現れたのは…なんと!は、春香さん!(天・∀・海)!

なんでも、BanaCASTというものらしく、モーションアクターが繪里子さんの台詞に合わせて動いて、それをリアルタイムでスクリーンに投影する技術だそうな。

ライブ前に春香さんがちょろっと出てきて転ばずに(!)2回転してくれて、純粋に「ああ、春香がステージに居る。すげーなぁ」と感動していましたが、このハイテク2人羽織とでも言えそうなシステムについて、「今後はほかのアイドル達も含めた展開が有るかも知れません」と繪里子さんから説明が有り「ああ、なるほどね…」と得心いった次第であります。

 

f:id:SOU_P:20170131224044j:plain

写真と本文とは一切関係無い…はず…

 

【P達の思いが逆に重荷になっていないか…?】

 今回のプロデューサーミーティングは70%がいわゆるトークショーで占められ、残りの30%がライブ、と言うか歌唱ゾーンだったわけですが、この構成についてSNS上では賛否両論が飛びかっていますよね。

僕はどちらかと言うと賛成の立場を取るものです。もちろん歌だけのライブは見たいですし、そういう場じゃなければステキハピネス含むOFA曲は歌われ無いでしょう。(ほんとステキハピネスをライブで聞くまでは死ねない…)

でもガールズの現在の状況を鑑みて下さい。既に既婚者も多いし育児も大変ですよ。特に平田さんなんて0歳児が居るのに何ヶ月も前から新曲の練習をして舞台合わせをしてなんて、育児経験有る人ならば信じられないような事をして臨んでくれたわけです。

だからこれが普通なんて絶対思っちゃいけない。

今回全員揃ったのはホントに奇跡に近い事だったんです。

ではなぜそこまで頑張ってくれたのか。それは今回のプロデューサーミーティングがプラチナスターズに舞台を移した新765ASの、三次元での始まりの日だったからでしょう。(PLATINUM MASTER楽曲しか歌われなかった事からも、バンナムの覚悟と言うか方向性が分かりますね)

ですから、そういう特別なタイミングじゃなければ、全員揃ってのイベントは望んじゃいけないのかも知れません。避けるべきは我々プロデューサーの「765ASとしてライブをずっと続けて欲しい」と言う気持ちがガールズにとって重くなりすぎて、負担になってしまう事ではないでしょうか。

それを避ける意味では、今回のようなトークショーメインの歌は少し、といった形は比較的ガールズの負担にもならないし、全員集合イベントはこれで納得しないといけないんだろうなぁと思います。

で、今井さんを筆頭としたまだまだライブでプロデューサー達を沸かせたい!と思っているであろうガールズ達には、遠慮なく歌ってもらえる場を提供すべきです。なので、765ASの周年ライブは1年に1回やれる組でやって頂き、全員集合イベントは今回のようなファンミーティングで、ライブシーンはもしかしたらVRで、と言うのが現実的なのかなと考えます。

 

あ、あと今回のプロデューサーミーティング方式の効能が一つ有りました。

「ライブで騒ぎたいだけの輩の駆逐」

実際、僕の隣にいたあんちゃん達は歌唱ゾーンでは凄く元気でしたが(咲クラ、UOぐるぐる等)トークショーゾーンではなんか暇そうにしてたし、なんならスマホいじってるやつもいたし。ああいうのは多分もう来ないんじゃないかな…。

 

次回に続きます。口直しにかわいい春香さんをどうぞ。

 

f:id:SOU_P:20170131225545j:plain

 

 

プロデューサーミーティングでステキハピネスは聞けるのか?その③

前回のエントリでステキハピネスは聞けなくても良いかな、と書きましたが、あれは偽りの気持ちだった様です。プロミが近づくにつれ、気分が高まり続けております。

…これがステキハピネスの力なんですね。

 で、昨日なのですが。大雪であまりにも仕事が暇だったので、ステキハピネスが歌われる事があった場合に備えてコールの脳内リハーサルを繰り返してました。

(多分白昼夢を見るような目をしてたと思います)

 その結果、僕はこの様にコールする事にしました。(天・∀・海)!

 

f:id:SOU_P:20170126111502j:image

 

1番

・(前奏)はい!はい!

・(腕を振り下ろすところで)ふー!

・(助け)よーよ!

・(Bメロ)PPH

・(後悔するでしょ)ふふっふー!

・(素敵なハピネス)あげる!

・(溢れ出す〜)CLAP✕2

・(満たされてく〜)CLAP✕2

・(もっともっともっと)

       もっともっともっと!

2番

・(腕を振り下ろすところで)ふー!

・(てへっ)(・ω<)

・(Bメロ)PPH

・(やっぱ1番でしょー)ふふっふー!

・(素敵なハピネス)どうぞ!

・(盛り上がれ〜)CLAP✕2

・(温まるよ〜)CLAP✕2

・(もっともっともっと)

       もっともっともっと!

 

(間奏) 適宜増減

 

・   せーの!3!2!1! GO! Yeah!

・(ハピネス)どうぞ!

・(盛り上がれ〜)CLAP✕2

・(温まるよ〜)CLAP✕2

・(もっともっともっと)もっと!

・(もっともっともっと)もっと!

・(ずっとずっとずっと)はぁい!(ヴァイ?)

・   いえーい!

 

アイマスライブのお作法からは大きく逸脱してないと思うのですがどうでしょうか?

まあ、十中八九号泣してると思うのでコール出来るかどうかは未知数ですがw

 

ともあれ。ステキハピネスの降臨を待ちに待ち続けた沢山の春香P達が、繪里子さん(春香さん)の紡ぎ出す素敵なハピネスに包まれて見事昇天なるかどうか。

全ては明後日のプロデューサーミーティングのセットリスト次第。二年越しの思いが叶いますように…

 

 

プロデューサーミーティングでステキハピネスは聞けるのか?その②

皆様、新年あけましておめでとうございます。そうPと申します。昨年は不満ばかりの愚痴ブログにご共感を頂きましてありがとうございました。

今年も出来ましたら駄文にお付き合い頂ければと思っております。

どうぞ宜しくお願いいたします。 ∞のヮの

 

さて、前回に引き続きまして「ステキハピネス」はプロデューサーミーティング(以下、PM)で聞けるのか?と言うお話です。

9thライブでは歌われなかったステキハピネス。でも「まだ次が有る!あんなに素敵な曲をライブで歌わない筈無いでは無いか!」と自分に言い聞かせ、当面は「燃え尽きて灰になるのは次のライブ!」と気分を切り替えて生き直す事としました。(そう言えば、前回のエントリで「START!」をいつもの、と書いてしまったのは誤りでした。6th以来?の久し振りの披露でしたね。BDの記憶の上書き効果怖いです…)

 で、その「次の機会」を待つ間にステキハピネス誕生秘話が聞こえきまして…。そこから春香さんと繪里子さんのオーバーラップ感を表現する動画を作ろうと思い立って色々と考えた結果、作ったのがコチラの動画でした。

 

www.nicovideo.jp

繪里子さんの歌に春香さんの動画を合わせるという手法は、ニコマス的にはiM@S声優コラボPVというカテゴリーに入ります。「中の人」の個人名義の歌を「アイマスの外の人」に歌わせるので、アイマス曲しか知らない人にはキャラ声とは違った魅力を提示できます。僕は繪里子さんのライブ「なかむランド」を盛り上げて行きたいと思っていましたし、布教もかねてピッタリではないか!とひとりごちた訳です。

で、先ず繪里子さんの声優コラボPVとはどんなものが有るのかと探してみましたら、なんと!ほぼゼロだったんですね(たしか)

 

僕「…なに?あの有名声優、中村繪里子さんのコラボ動画がほぼ0だと??」

(若干コンスコン風味)

 

・・・これは頑張って動画を作らないとなぁ、と気持ちを新たにしましたが、それまでほぼノーマルPVしか作ったことが無いワタクシ。使える動画ソフトはホームビデオ編集ソフトであるVideoMasteringWorks5。もちろんAEは使えないし、偉大な先達のようなニコマス的センスも技術も持ち合わせていません。とにかく自分に出来ることは「ダンスシンクロ」と「画質」だけなので、そこは妥協しない事にして作業を開始しました。初めての動画作成は難しいところは多々有りましたが、不思議とどのダンスにしよう?とか尺が埋まらねぇ!という様な事はなく、「ら・ら・ら・なかむランドfeat.天海春香」は意外とすんなりと完成。恐る恐るニコ動に投稿すると、大変嬉しいことに5,000を超える再生数と100件のマイリストを頂きました。本当にありがとうございます。(天・∀・海)!

 

閑話休題

10thライブの会場が、僕が春香さんを連れてったドームと違う「所沢のドーム」での開催と解かり、若干違和感を覚えながらもステキハピネスを聞いて玉砕しようと指折り数えて生きていた2015年。夏の西武ドームの過酷な実態を報告してくれる優秀なPさん達の情報から、ホテルは池袋に設定して行きはレッドアローで体力を温存してライブに臨むことにしました。(ヌルい

 

会場に入ってみると素晴らしい景色が広がっているし、軽口さんがキャスト紹介し始めるし、野外ライブ特有の雰囲気が気持ちよくて、ああやっぱり来てよかったな…と。(野外ライブは日比谷野音のHarlemNight以来なので24年ぶり。うっかり四半世紀経ってるw)

ステキハピネスをセットリストに入れるには765DAYである1日目しかないだろうなぁなどと考えていたらいよいよ開演の時間。開幕の「プロデューサーさん…」から涙腺が崩壊するちょろい春香Pのワタクシ。そして案の定繪里子さんの出番はソロ一人目で、曲目は…「START!」。まあ、そうだよね。最初だから。

 ぬーさんが「Pon De Beach」を歌い踊り、ぬー水をかけられて喜び狂ってるアリーナを羨望の眼差しで眺めながら、次の繪里子さんの曲はステキハピネスに違いないと信じていつでもURを両手バルログ出来るように準備してましたよ…。

でも次に繪里子さんが歌ってくれたのは「太陽のジェラシー」。僕はこの時点で1日目のセットリストにステキハピネスが入り込む余地は無いと判断し、以降は純粋に10thライブを楽しむ事に気持ちを切り替えたのでした。

2日目はやはりアイドルマスター全体のお祭りなのでステキハピネスの出番は無いだろうと期待せずに参加して、普段あまり聞かなかったシンデレラ、ミリオンの曲を聞いて勉強不足を恥じ、ころあずさんのポンコツ具合とカッコいい歌唱のギャップにやられ、ぴょんさんと繪里子さん赤の系譜の絆に涙し…なんやかんやでライブを満喫した次第で有ります。

まあ確かに10thライブでもステキハピネスが聞けなかったのは非常に残念だった。でも765ASにPS4という新天地が与えられ「この次も有るぞ!」という安心感が持てたほうが嬉しかったんですな…(マスピを涙無く、晴れやかな気持ちで聞けたのは初めて)

 こんな軽口が叩けるくらいでしたし…(;・∀・)

 

 プロデューサーミーティングがいよいよ二週間後に迫ってきた今日。僕の正直な気持ちはステキハピネスは聞けなくてもいいかなぁ、です。過度に期待していくと精神的ダメージが大きいのが最大の理由ですけど、もう一つの重要なファクターとしてやっぱり歌にも旬ってものが有ると思うのですよ。OFAが盛り上がっていた2014年に感じる事が出来たであろうライブ感を伴った感動と、PS4のパラレルワールドに舞台を移した現765ASの天海春香が歌うステキハピネスではやはり差があると思うのです。今はむしろプラチナスターズとしての765ASの歌が聞きたいなぁと。なのでPLATINUM MASTERでの各アイドルの個人曲の展開を強く望みます!

 

もちろん、繪里子さんが今度のプロデューサーミーティングでステキハピネスを歌ってくれる様な事があったら…大号泣は必至でしょうけどね (天・∀・海)!

 

今回も駄文にお付き合い頂きましてありがとうございました。

 

 

 

 

 

プロデューサーミーティングでステキハピネスは聞けるのか?その①

ご無沙汰しております、そうPと申す底辺です。

アイドルマスタープラチナスターズ(以下PS)、皆様はまだ楽しんでいらっしゃいますか?Pドロップ使用数によりゴールドプレゼントの出現率が少しだけ上昇しましたが、やはりDL衣裳の入手方法がガチャに変わってしまったのが残念至極です。かく言う僕もロイヤルチェックスターが欲しくて課金ライブを回してますが、既に入手済みの衣裳、アクセサリーばかり出るので(うきうきバルーンなんて5個も有る)お財布&メンタルが結構削られています。こういう運任せシステムに身を委ねていると、オカルトでも何でも縋りたくなる気持ちが解ってきますね…。デレステ界隈で言われている「絵を描くと落ちてくる」って本当なんでしょうか?

【悩ましいオープニングソング】

いよいよ来月に迫ってきた「THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017 765PRO ALLSTARS -Fun to the new vision!!-」(以下、PM)、公式からもイベントを盛り上げる施策が何本か出てきました。イベントソングとオープニングソングをみんなでプロデュースしよう!ってやつですね。(もう投票は締め切られましたが)

「みんなで選ぶ!」って聞くと、うっかり「ざわわん」の時のアレが脳裏をかすめてしまうのですが、オープニンソングソングを選ぶ基準としてはやはり「全員曲」で「歴代アイマスコンテンツのテーマ曲」じゃないといけないと僕は考えます。なので順当に考えると以下の曲から選ぶの事になるのかなぁ、と。

 

THE IDOLM@STER(アケマス)

GO MY WAY!! (箱マス)

Colorful Days (アイマスSP

The world is all one !! (アイマス2)

READY!! (アイマスPS3版)

MUSIC♪ (シャイニーフェスタ)

ONLY MY NOTE (ワン・フォー・オール)

Happy! (プラチナスターズ)

 

「マスピ」、「i」、「でしょう?」、「Destiny」、と言う大御所たちも気になりますが、ゲームタイトルのテーマソングで抽出したのと、これらの曲はオープンニングというよりむしろエンディングで聞きたい曲なので除外しました。

 

で、やはり最新作のテーマ曲は今まさに旬であるし(←ここ結構重要)「Fun to the new vision!!」の看板を上げてるイベントで歌わないのはちょっとおかしい気がするので、1日目は「Happy!」一択でしょう。じゃあ2日目のOPはどうするのか…。格から言えばもう「歌マス」以外考えられないのですが、PMが目指してるのがいわゆる普通のライブではなくて、ある種お祭り的な、それこそプロ野球チームのファン感謝デー的なものだとするならば(その可能性は結構濃厚ではありますが)「マジで…!?の可能性も微粒子レベルで存在しますね。(無い)

 

まあネタはともかく、楽曲は(表向きは)投票で選ばれるんですからメジャーどころに落ち着くんだろうなぁと思っています。上に上げた以外だと個人的には「自分REST@RT」もイイなぁと。ジブリアニマスの中では夏のライブで歌われたので「夏」のイメージのプロデューサーも多いかと思いますが、アイマス2のDLC配信は2011年の11月の第2号で、ライブでは翌2012年の1月のウィンターライブでの初披露なので元々は冬の曲なのです。(個人の感想です)

この冬から、新しいスタートを切る765ASには当にぴったりなんじゃないでしょうか。ライブ会場もあったまるし、久し振りにフルで聞きたいですね。

 

2012年のライブ衣裳をイメージしてスノーフレークリリパットで作った動画です。

www.nicovideo.jp

 

【ライブで聞くまで死ねない曲】

プロデューサーたる者、全てのライブに参加して担当アイドルのステージ上でのパフォーマンスをチェックするのは当然でありますが、やんごとなき理由でそれを叶えられないのは致し方ない事です。その結果「ライブでこの曲歌ったのかよおおおおお」と言う悲劇が生まれるわけですが、春香Pの場合また少し事情が違います。

と言うのも、春香さん(繪里子さん)はライブの切り込み隊長的役割があるのでライブの最初の方に歌う事が多く、そのためか歌う曲が「START!!」であったり「乙女よ大志を抱け!!」のような定番の盛り上がれる曲が多いのです。なので「キミがいて夢になる」とか「君のままで」とか、聞いてみたい曲が結構あるのにそこにたどり着けないのです。

ところで僕は春香さんの曲の中では「ステキハピネス」が好きすぎて、ニコ動に無駄に三本も関連動画を上げてしまう程なんです。(天・∀・海)!

www.nicovideo.jp

アイドルマスターOFAの中での春香のエピソードもすごく素敵だし、それにリンクした誕生秘話、その繪里子さんと春香さんの2.5次元感であったり、その他諸々に感動を覚えてしまったわけです。なので僕は2014年の8月にOFAのDLCにこの曲が配信されてからこっち、ライブで聞ける機会を本当に生きる糧として生きて来ました。そして!歌うタイミングとしてはここしか無いだろう!と言うベストタイミングだった9thは繪里子さんが出演する会場は名古屋二日目を除いて全て(と言っても3箇所だけですけど)行けるように手を打って、ステキハピネスで燃え尽きて灰になる覚悟で、いや、なるために9thライブにでかけて行きました。

しかし皆様御存知の通り、ステキハピネスは9thではついに歌われなかった。代わりに歌われたのはいつも通りのSTART!!であり、キラメキ進行形であり、I Wantでありました。そんな中でも太陽のジェラシーが聞けたのは良かったですが…いまこのタイミングでのセットリストかなぁ?とすごく疑問に感じましたし、繪里子さんのソロ活動の余波が新曲の練習時間を奪ってしまったのか?とか色々考え込んでしまい、ちょっと暗黒面に落ちかけたりしてました。そしてその年の冬はウインターライブが無く、もんやりとした気分のまま、次の765ASのライブはあの西武球場での10thまで待たねばなりませんでした。

 

思ったよりも長くなりそうなのでここで一旦中締めと言うことで。

駄文にお付き合い頂きましてありがとうございます。

アイドルマスタープラチナスターズについて思うこと その⑤

みなさまこんばんは。文句ばかりたれている底辺春香PのそうPです。

ここ最近はアマテラス春香さんが可愛くて、スクショ撮っては加工してTwitterにアップする作業をほっくほく行なっていたため、プラチナスターズ(以外PS)に対する不満もまたもやマスクされてました。ホントにチョロい奴です。

f:id:SOU_P:20161009222416j:plain
控えめに言って天照大神

f:id:SOU_P:20161009222539j:plain
アメノウズメをフィーチャーしてるから
肩出し衣裳なんでしょうか(違

f:id:SOU_P:20161009222837j:plain
春香さんは何を願うの…?

先日、公式よりPSの10月中旬のアップデートが発表されましたね。細かい内容は公式サイトに譲るとして、やっとPドロップを使った時の金銀箱出現確率を緩和する施策が取られる様です。
1回3000円課金すると、金箱1個、5000円で2個以上確定、20000円で10個確定っていうのはソシャゲ課金勢からみたら大甘な設定なんでしょうか。

また、それとのバーターなのかDL衣裳の入手方法がライブクリアからガチャに移行しました。公式はどうしても衣装入手はマニーではなくリアルマネーで課金させたいようですね。この変更は無課金勢の数少ないモチベ要素を削ぐ行為なわけで、むしろ悪手だったような気がします。

マチアソビでのガミPミーティングの詳細は判りませんが、聞こえて来る事を整理すると公式は不満点やこちらが考えてる様な事は解ってる、と言う様な事をおっしゃっていたようですね。

ですけど、そんなのは後出しジャンケンと一緒で後からなんとでも言える。消費者としては製品の内容でしか判断出来ない訳で…。まあ、だから非公式にしか言えない言い訳なんでしょうけど。

アイドルマスターというコンテンツは新しい事が始まる毎に何かしらファンコミュニティに動揺を与えて来ました。それに比べたら今回のPSの仕様の不満なんて些細なことなのかも知れません。

けど、ソシャゲで儲けたお金をコンソール版の開発に活かしてくれればと思って課金してたPも居ると思うし、ソシャゲへの展開を容認できてたPも少なからず居ると思うのですよ…。

PSの課金重視への路線変更は、気兼ねなく安心して帰れた土台とも言うべきコンソール版アイマスも、これからは課金前提のゲームになるんだという残念感と、バンナムのビジネスモラルに対する不満、加えてゲーム開発力への疑念を抱かせる結果になりました。(100%自分脳内調べ)

今回も駄文にお付き合い頂き、ありがとうございました。

アイドルマスタープラチナスターズについて思うこと その④

こんにちは、そうPです。

これまでアイドルマスタープラチナスターズ(以下PS)について、僕なりに感じたことを述べてきましたが、思いっきりネガティブな話ばっかりで不快な思いをされた方も居ると思います。ごめんなさい。

でも、僕はPSをクソゲーなどと一言で片付けるような立場には立っていません。765ASの立脚する新しい世界としてとても期待しています。だからこその諫言、とでも取って頂ければ幸いです。

まあ、そんなことは置いておいて今回は僕の担当アイドルの天海春香さんの可愛い写真を貼っていきたいなと思います。TwitterTumblrで投稿済みのものばかりですが、「不気味の谷」に落ちてないことをご確認頂きたく思います。

 

上からのアングルだと新デザインのクセが現れづらいので慣れない人にも良いのかも。

f:id:SOU_P:20160928092708j:plain

 

新デザインの特徴が顕著に現れる正面からあおりのカット。だが慣れてくるとこれはこれで可愛いのです…(*´Д`)

f:id:SOU_P:20160928092913j:plain

 

天使かな?

f:id:SOU_P:20160928095339j:plain

 

今風に「にへ~」って感じで笑うのもPSモデルの特徴ね。歯も見えるし唇もあるんですよね。

f:id:SOU_P:20160928100451j:plain

 

このぽや~んとした感じもPSモデルの特徴的表情かも。そして肉感がマシマシになったボディ造形。

f:id:SOU_P:20160928100705j:plain

 

かと思えば、こんなにキリッとした表情も見せてくれます。

f:id:SOU_P:20160928100856j:plain

 

「ねえ、Pドロップ買って…ね?」とか言われたらひれ伏すかも知れない。

f:id:SOU_P:20160928101020j:plain

 

という訳で、PSのヴィジュアルは最高なんです。(一部コミュも)

アップデートでゲーム性の改善をなんとかお願いしたいですね。